− 901 HandControl System −
※カタログ請求は、Contact Usからお願いします。
 
製品解説

 当社が輸入販売しております、”オートモビリティー・ハンドコントロールシステム”が持つ他には無い製品特徴

は、システム本体を支えるタワー部ステアリングコラムへベルトで装着しブレーキアーム及びアクセルアームへ

はボルトオンでシステム装置各操作アームを直接取り付ける為、車を改造する必要性が無く素早く脱着可能にな

る事です。

 これらから、このシステムを使用されますと、既存する今までの固定装置とは違い装着の手軽さ(約30分〜1時

間)から短時間での脱着も可能となり、代替車(レンタカー等)の手配にも安心です。

 また、健常者の方も通常通り運転する事ができ、車の納車日に取付けが出来、売却時や下取り時等には無傷

のままで売却出来る事になります。

安全面におきましては、USA(S.A.E/J1903) CANADA(C.S.A/3-Z323.1.2)などで規定されているHandControl

安全基準(代表14項目など)に基づき設計製作されており、北米に設立されている※NMEDAや※NHTSAなどと

いった政府機関承認の製造者製品ですので品質も安定しており万全です。また、保証期間も無期限保証(消耗

部品を除く)となっており、部品は日本に常時在庫しておりますので購入後も安心してお使い頂けます。

 取り付け可能車種につきましては左右ハンドルAT全車の対応を前提に設計製作されていますが、全車種対応

の難しさから一部車種につきましては、コラム形状(タワー取付け部)やアクセル及びブレーキペダルの形状、コ

ントロールハンドル操作時における内装部分との接触などにより、取り付けや操作が困難及び不可能な車両もご

くわずかながら存在します。

 また使用者様のお身体の状態(受傷レベル)によりましても操作に支障をきたす場合もございますので、購入時

には操作合否確認を販売取扱店へお問合せ下さい。

別途オプション部品(左右オフセットブレーキアーム、ワイドアクセルブロック、旋回ノブ、パーキングブレーキレバ

ー等)を併せて購入ご希望の際やその他のご相談につきましても、販売取扱店へお申し付けお問合せ下さい。

『901ハンドコントロールシステム』は様々な場面において活躍し、利用される皆様の交通移動スタイルに

『代替車両』と言う新たな選択肢をもたらしてくれることでしょう。

 
1990年の発売以来、世界の国々で支持を受け愛用され続けて15年. . .
全米各レンタカー会社も採用し安全基準を持つ、日本初上陸の製品をMOVEAID, INC.より皆様へお届けします。
 
※NMEDA(NATIONAL MOBILITY EQUIPMENT DEALERS ASSOSIATION)
※NHTSA(NATIONAL HIGHWAY TRAFIQ SAFETY ADMINISTRATION)
※Automobility 901 Hand Control Systemは国際特許製品です

※北米政府機関承認/※北米安全基準適合/※国際特許取得/※PL保険加入済/※陸運局確認済

−作動特性−
  

ブレーキをかける時には、テコの作用点はコントロールハンドルの

一番右に来ます。

従って作用点から力点までの距離があるので、ブレーキをかける

のには十分なテコの力が得られる事になります。

このテコの作用点は、アクセルを作動させる時にはコントロールハ

ンドルの中心に変わります。

この場合でも作用点の力が十分に掛かりますのでアクセル操作は

容易(軽く)で反応がよく、滑らかな加速と車の操作性を与えてくれ

る事になります。

このシステムの装着はとても単純で簡単なものですが、取扱説明

書のいくつかの点において理解出来なかったりする部分や、ユニッ

トの操作などにおいてご質問などがございましたら、販売代理店へ

お気軽にお電話してご確認下さい。

 

 

【ハンドコントロールの分類】
一般的に、装置の取付け方法を分類すると、【固定式】と【簡易式】に分類されます。

【固定式】 シュアグリップ/ディーエーディーシー/グイドシンプレックス/カロスピード/メノックス/フジコン/ニッシン/その他
固定式と呼ばれるものは、車両ごとに製作された多数の基本構成部品と各個人に合わせたオプション部品を車両フレームなどにボルトや溶接により、装着固定されるものを指します。取付け時間は様々であり、短時間で取付け可能なものから、長時間かかるものや、マニュアルシフト車に対応するものまで様々な装置があります。使用者に対する制限なども非常に少なく、様々な身体状態の方が利用できるように設計製作されています。コストは、車両毎に製作、取付けがなされるため、毎車両ごとに発生します。1台あたりのコストは、約20万円〜45万円(AT車)程度です。

【簡易式】 PHCV/LYNX/Quick Cnnection/その他
簡易式と呼ばれるものは、車両毎に基本構成部品などは製作されず、各操作(アクセル及びブレーキ)に必要な最低限の汎用を持たせた部品を、ボルトなどで車両に装着するものを指します(工具を用いるものや、用いないものが存在する。)。取付け時間は比較的早く、約5分〜15分程度で完了します。ブレーキロックやウインカー操作などの機能は省かれていますが、各操作(ブレーキ・アクセル)は【固定式】と同方法にて行えます。調整が可能なものも存在しますが、装置によっては、若干の使用者制限(一部の身体状態)や装置の取付け方法において使用に対する多少のコツがあることも事実です。コストは、基本構成部品を車両毎に製作せず共用するため比較的安価であり、1セットあたりのコストは約7万円〜13万円(AT車、オプション部品を含む)程度です。

【着脱移設式/クイックアタッチメント式】 901ハンドコントロールシステム/その他
車両毎には基本構成部品を製作せず、汎用性を持たせた設計になっています。各部品には、今までの【簡易式】とは違いステンレスやアルミダイカスト(鋳造部品)を用い、ステアリングコラムへ専用部品をストラップベルトやボルトを利用し装着する方式や、フロアにベースプレートを設置し本体を固定するため【固定式】と同様の安定感が得られると共に、北米において定められている安全基準をクリアしている製品も存在することが最大特徴です(当社製品はクリアしており、特許取得済)。当社取扱い製品のアクセルやブレーキ操作は、各ペダルアームへ直接、アクセルアームとブレークブロックをボルトにて取付ける為、操作感は非常にソリッドなものに仕上がります。素早い微調整も、もちろん可能です。これらの内容から、単なる【簡易式】とは呼べず、私たちは【着脱移設式】もしくは【クイックアタッチメント式】と呼んでおります。ブレーキロック(現在研究中)が装備されないのは残念ですが、基本的性能は十分に備えておりますので安心してご使用いただけます。脊髄損傷の方(Th1〜Th12)なら問題なく利用できると当社は考えていますが、念のため当社へ連絡ご相談いただければ対応させていただきます。(身体状態により異なります)。
当社が販売させていただく、901ハンドコントロールシステムは【着脱式】に分類されます。

 

 
 
▲PageTop